ノックオンノックオン ラグビーまとめ

ラグビーの5chツイッターなどの反応をきままにまとめるブログです

    【AFP=時事】スーパーラグビー(Super Rugby)のサンウルブズ(Sunwolves)は1日、新型コロナウイルスの影響でオーストラリアの国内大会に出場することができなくなったため、チームの活動が終了することになったと発表した。

     今シーズン限りでスーパーラグビーから除外になるサンウルブズは、同リーグに参戦するオーストラリアのチームが出場する大会への参加ができなくなったことを同国ラグビー協会(Rugby Australia)から告げられたと明かした。

     スーパーラグビーのレッズ(Queensland Reds)、NSWワラタス(NSW Waratahs)、ブランビーズ(Brumbies)、メルボルン・レベルズ(Melbourne Rebels)に加え、以前除外されたウェスタン・フォース(Western Force)を加えた5チームが出場するこの大会は、7月3日に開幕する予定となっている。

     ニュージーランドや南アフリカ、アルゼンチンのチームも参戦する今季のスーパーラグビーは、3月から中断されている。

     サンウルブズは発表文の中で「スーパーラグビー・オーストラリア国内大会(スーパーラグビー・オーストラリア)への参戦につきまして、このたびオーストラリアラグビー協会より正式に、大会参戦が不可能になった旨、通達を受けました事をお知らせいたします」と記した。

     今回の決定により、参戦した約5年間でわずか9勝にとどまり、大量失点を喫することもあったサンウルブズのスーパーラグビーでの戦いは幕を閉じることになる。

     東京を拠点とするサンウルブズは、オーストラリアに渡れば14日間の隔離が必要であり、12週間滞在するため拠点を確保しなければならないという問題にも直面していた。

     サンウルブズによれば、オーストラリア協会や同国政府と協議してきたものの、「7月3日からオーストラリアで試合を行うための準備が間に合わないという結論」に至ったという。

     サンウルブズを運営するジャパンエスアール(Japan SR Association)の渡瀬裕司(Yuji Watase)最高経営責任者(CEO)は、「サンウルブズの試合再開を楽しみにお待ち頂いていた皆様には、その願いを叶える事ができず、残念なご報告となりました事をお詫び申し上げます」と述べた。

    「今回の決定を受け、5シーズンに渡り参戦したサンウルブズのスーパーラグビーへの挑戦は終わりを迎える事となります」

    「このような形でシーズンを締めくくる事となり、大変悔しい思いではありますが、世界で最もレベルの高いラグビーのリーグに参加できたことは大変光栄であり、名誉あることだと感じています」 【翻訳編集】 AFPBB News

    【サンウルブズ活動終了  豪大会参戦は実現せず】の続きを読む

    20200518-05180208-sph-000-2-view

     ラグビートップリーグ(TL)の東芝は18日、ロック大野均(42)の引退を発表した。

     大野は192センチ、105キロの巨漢ロックとして活躍。日本代表歴代トップの98キャップ。07年、11年、15年と3大会連続でW杯メンバーに選出された。6節まで消化した今季のTLでは、出場機会がなかった。

     大野は福島県郡山市出身。福島・清陵情報高では野球部に所属。97年に日大工学部に進学し、ラグビーを始めた。“きんちゃん”の愛称で親しまれ、闘志あふれるプレーで日本を引っ張ってきた。

     松田圭祐、リンドン・ダンシェア、大島脩平、増田慶介、コンラッド・バンワイクの引退も発表された。

    【ラグビー・東芝の大野均が引退 日本代表歴代最多98キャップ】の続きを読む

    BS日テレでは、「日本ラグビー代表・感動をもう一度 ラグビーワールドカップ 2019 日本大会」を5月9日(土)より4週連続で放送する。

    2019年秋、日本にて開催されたラグビーワールドカップ。台風に見舞われ3試合が中止となったものの、各地で行われた試合は終始絶大な盛り上がりを見せ、ワールドラグビーのビル・ボーモント会長からも「最も偉大なW杯として記憶に残る」と称賛された。

    2015年大会で南アフリカから歴史的な勝利を上げたラグビー日本代表も、初の母国開催で大躍進。初のベスト8進出を決め、日本中にラグビーフィーバーをもたらした。そんな日本代表の激闘を、5月9日(土)より放送することが決定。

    今回放送されるのは、W杯開幕戦となったロシア戦(5月9日(土)夜7:00-8:54)、優勝候補を破り世界に衝撃を与えたアイルランド戦(5月16日(土)夜7:00-8:54)、決勝トーナメント進出のため負けられないサモア戦(5月23日(土)夜7:00-8:55)、初のベスト8進出を決め、歴史が動いたスコットランド戦(5月30日(土)夜7:00-8:55)の計4試合。

    世界中のラグビーファンを熱狂させた試合は、今見ても興奮すること必至。世界的にスポーツイベントが開催されない中、自宅であの熱狂をもう一度味わおう。(ザテレビジョン)

    【熱狂再び!ラグビー日本代表の熱戦をBS日テレで5月に4週連続放送】の続きを読む

     ワールドラグビーの会長選で再選を果たし、グローバルな発展への改革が求められているビル・ボーモント会長が、強豪国とランク付けされる「ティア1」に日本を昇格させる見通しであることが明らかになった。海外メディアでも報じられており、すでに日本ラグビー協会に約束をしたという。近いうちに正式発表があると思われる。

     現在ティア2とされる日本がティア1に昇格すれば、アジアでは初めて。現在、ティア1に格付けされているのは、シックスネーションズ(イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、イタリア)とSANZAAR(南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチン)の10か国で、日本は11番目となる。最新の世界ランキングは、日本は9位。

     ティア1と認められれば、これらの強豪国とマッチメイクがしやすくなり、資金配分などでもメリットが見込まれ、さらに、5月12日から2期目の任務をスタートさせるボーモント会長は新たな国際大会の創設に強い意欲を示しており、実現した場合は日本も参加することが確実視されている。

     会長選では、SNSで「#GlobalGame」のハッシュタグを使って選挙戦を展開した元アルゼンチン代表主将のアグスティン・ピチョット副会長を破ったボーモント会長だが、グローバルな発展を望む声は多い。ピチョット氏を支持したニュージーランドラグビー協会のブレント・インピー会長からは「一部の限られた国や地域のためだけではなく、グローバルな成功に必要な決断を下す勇気が見られればうれしい」とプレッシャーをかけられており、日本のティア1昇格は改革のひとつとなりそうだ。

     日本にとっても大きなターニングポイントであり、『Americas Rugby News』は、アルゼンチンが2007年のワールドカップで3位になったあとワールドラグビーの支援を受け、南半球の強豪グループに仲間入りしたときと似ていると報じている。アルゼンチンは2012年から、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアと定期的に戦えるようになり、南半球の強豪国がぶつかる大会は、ビッグ3が競う「トライネーションズ」からアルゼンチンを含む4か国対抗の「ラグビーチャンピオンシップ」へと発展した。

     日本は2015年のワールドカップで当時世界ランキング3位だった南アフリカを破るという歴史的快挙を成し遂げ、2019年のワールドカップではアイルランド、スコットランドといった伝統国を倒して初のベスト8入りを果たすなど、その実力はいまや世界から認められている。

    【【ラグビー】日本、強豪国認定の「ティア1」昇格へ】の続きを読む

    ラグビーW杯2019からすでに半年が経ちました。
    半年の間にコロナウィルスでラグビー界、スポーツ界、そして世界を取り巻く状況が一変し
    何かと暗い話題が多くなってしまいました。
    東京都の外出の自粛措置等もあり家に籠もる人も多いと思いますが、
    楽しかったあの半年前の大会を思い出し
    ポジティブな感情を呼び起こし、免疫を高めてもらえれば嬉しいです。 【ラグビーW杯2019を振り返る】の続きを読む

    このページのトップヘ