ラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼に加入したニュージーランド(NZ)代表FWのブロディ・レタリック(28)が10日、神戸市東灘区のクラブハウスで会見した。ワールドカップ(W杯)日本大会でも活躍した世界屈指のロックは「新たな環境でさらに成長し、優勝したい」と連覇への意欲を語った。

     204センチ、121キロの体格で運動量が豊富。ハンドリング技術やセットプレーのレベルも高い。2014年には世界年間最優秀選手に選ばれ、代表81キャップを誇る。

     11月末に来日し、3日からチームに合流。「(神鋼は)質の高い練習をしている。速いボールスピードに慣れなければ」とダイナミックな展開ラグビーに驚きつつ、NZ代表の元チームメートでもあるSOダン・カーターらとのプレーを楽しみにしていた。

     神鋼との契約は2年間。その後は母国に戻る予定で「今回のW杯はチームが望む結果ではなかったが、その分ハングリーさは増している」と23年W杯フランス大会で2大会ぶり優勝を目指す。

     W杯後のフィジカル面に心配はなさそうで「開幕戦に出られない理由はない」と力強かった。今季のTLは来年1月12日に開幕し、神鋼は同市須磨区のユニバー記念競技場で日本代表SO田村優らを擁するキヤノンと対戦する。
    【ラグビーTL・神鋼、新加入のNZ代表レタリックが会見(関連まとめ)】の続きを読む

     南半球の世界最高峰リーグ・スーパーラグビーに参戦する日本チームのサンウルブズは9日、第2次参加メンバーを発表。ロック谷田部洸太郎(33)、フランカーのテビタ・ツポウ(28)、フランカー布巻峻介(27)=いずれもパナソニック=の3選手が加入することが決まった。

     W杯の影響で今季はトップリーグとスーパーラグビーが同時期に開催される。選手は所属チームでプレーするか、サンウルブズでプレーするかの選択を迫られた中の決断だった。

     W杯直前で代表から漏れた布巻は「今の自分にはスーパーラグビーへの挑戦での成長が必要と考え、このような決断に至りました。今回の挑戦によりスーパーラグビーのレベルの高さ、サンウルブズの価値をすべての選手、ファンの方に知ってほしいと思います。今後のラグビー界をトップリーグとともに盛り上げていけるよう、努力していきます」と心境を述べた。

     谷田部は「サンウルブズで今ある自分の力を出せるように、また、サンウルブズでの経験を今後の自分に生かせるようにしっかりやっていきたいと思います」、ツポウは「パナソニックの代表として頑張っていきたいと思います。チームから離れますが、『優勝』という目標は私も同じなので応援しています」とそれぞれコメントした。

    【ラグビー・サンウルブズ 布巻、谷田部、ツポウの加入を発表(反応まとめ) 】の続きを読む


     ラグビーの第56回全国大学選手権第2日は8日、ミクニワールドスタジアム北九州で2回戦が行われ、東海・北陸・中国・四国代表の朝日大が九州代表の九州共立大に49―19で勝ち、3回戦に進んだ。15日に東大阪市の花園ラグビー場で、関西リーグ3位の関学大と対戦する。



    【ラグビー全国大学選手権、朝日大が3回戦進出】の続きを読む

    このページのトップヘ